札幌での刺青除去治療による痛み

札幌のクリニックで行った刺青除去

札幌のクリニックで行った刺青除去では、できるだけ負担の少ない方法を希望したので、レーザー除去法での治療を希望しました。
刺青を入れた時には、周りの気軽に入れていましたし、ファッションのつもりで入れたのが後悔のはじまりでした。
腕は見えにくいからと安易な気持ちでいましたし、夏のプールや海では、腕の刺青がアクセントになって、水着姿がもっと可愛くなるような、とんでもない勘違いをしていたのです。
まだ20代の前半で肌は若かったですし、白くキメの整った肌に刺青を入れてしまったことを、今では深く後悔をしています。
若い時には年上の人の老いた状態を、冷ややかな視線で見ていましたが、やがて自分にも巡ってくることでした。
20代も後半戦からは肌状態が変わってきましたし、30代に入ったら一気に肌は衰えを見え始めたのです。
ピチピチの良い肌状態だったのが、あっという間にたるみのある肌に変わってしまい、それは顔だけではなく、ボディの皮膚も同じ老化現象が起こりますので、刺青パーツはすっかり見にくい状態です。
ただでさえも肌が衰えるのですから、刺青などがあると余計に醜く感じます。
もっと年老いてしまう前に、札幌の刺青にも対応をしている病院で相談をして、除去の治療を受けようと考えたのです。
最初はネガティブな思い出いっぱいではありましたが、クリニックで治療の説明を聞いているうちに、だんだん前向きな思いも浮かんできました。
完全に刺青が消えないとしても、はっきりと見える状態が、少しでも薄くなれば良いと考えるようになりました。

札幌のクリニックで行った刺青除去怖かったのは、治療による痛み施術中は、それなりに痛みはありました